仙人秘鑰

昨日、地球上のエネルギーの変質を体感したか?

 

【数ある書籍を抑え、Amazon Kindleで最高16位!】

 

 

9月12日(水)朝8:00である。

 

ここ数日、かなりハードな施術が続いていた。

 

毎度のことながら全身全霊をかけて施術を行なっているが、私の場合施術を行なって「はい、終わり」ではなく、しっかりと鑑定文をお送りしている。

 

ああでもない、こうでもない、あれも伝えよう、これも伝えよう、という老婆心が働きどんどんと長文になってしまい分かりづらくなっているかもしれないが、全て必要なことで抜けがないように注意を払いながらしたためているのでご容赦願いたい。

 

しかし、そんなわけで、ここ数日は施術自体がハードだったので鑑定文に関しては、少しお待ちいただく形になってしまった。

 

ご依頼者様には申し訳ないが、どちらも手を抜きたくない性分なのでご理解いただきたい。

 

こうして施術を繰り返していると、つくづくこの世は「気のエネルギー」というもののやりとりであることを痛感させられる。

 

つまりハードな施術であればあるほど、体力、気力を持っていかれることがある。

 

例えば、接客業」などに従事している方の中で、どうも調子がおかしいぞという日があるはずだ。

 

普段通りにやっているだけにも関わらず、なんとも調子があがらないのだ。

 

それは対人に、気のエネルギーを持っていかれているのだ。

 

私も常々、「気を外界から取り入れること」というように説明しているが、気が外に外に漏れ出してしまうことが往々にしてある。

 

そういう場合は、いつもと同じことをしていても「疲れる」ということがままあるのだ。

 

そういう場合は、力のある人にでも「気の伝授」「気の調整」をしてもらうと良い。

 

人間も機械と同じく定期的なメンテナンスが必要になるのだ。

 

このように、人から人へと伝わる気功技術を「人丹術」などと呼んでいる。

 

人丹術という言葉に聞き覚えがない人でも「房中術」といえば理解する人もいるだろう。

 

房中術は、世間一般では「セックス気功」のようなあまり嬉しくない知られ方をしている技術であるが、実はそれだけでない。

 

つまりは、対人から効果的に気を取り入れることを目的とした技術である。

 

対人から気を取り入れるのに最も効果を発揮するのが「セックス」であるから、どうしてもこの側面ばかりが強調されて伝わってしまっているようだ。

 

房中術は、セックス技術だけでなく、もっと広がりのある「対人気功術」であるから、いずれ時間を使って詳細に説明していこうと思っている次第だ。

 

さて、本日も散文になってしまったが、最後に一つ。

 

皆さんは、昨日の「エネルギーの変質」を体感しただろうか。

 

これはかなり大きなエネルギーの変化で、地球全体のエネルギーの質が変化したような大きな体感だった。

 

ここ数日、北海道で起きた「胆振東部地震」や台風など、天災が続いたがそれにピリオドを打つような大転換に感じたのだ。

 

奇しくも昨日は9月11日。

 

米国同時多発テロから17年という日でもあった。

 

様々なものが交差し、そして解け合うように、また新しいエネルギーが育っていくように感じている。

 

古きがすぎ、新しきが始まる時、つまりはエネルギーが再度動き出す時というのは、誰にでもなんらかの変化がある。

 

調子が良い・調子が悪いも含め、何か変化を感じている方がいれば、しっかりと対処をされると良いだろう。

 

 

 

【ランキング16位!お金に困るはお金持ち!お金を引き寄せる仙道気功の秘術を大公開!】

 

 

 

 

【願望を叶える最高の超能力「変性意識」を伝授】

wowme.jp

 

 

 【あなたが抱える悩みを「解消」いたします】